演技〜.png
藤川和彦.jpg
藤川 和彦
    
脚本・演出・プロデュース・演技指導
 
藤川ミュージカルスタジオ主宰
藤川ミュージカル代表
藤川エンターテインメント代表
  
東京大学 工学部 電子工学科 卒業。
1994年4月~2013年4月まで劇団四季に所属。
  
<主な出演作品>
「ライオンキング」、「ミュージカル南十字星」、「嵐の中の子どもたち」教授役、「エルコスの祈り」ダーリー役、「美女と野獣」「赤毛のアン」その他多数。
  
演技力とキャラクターを活かし「ライオンキング」のティモン役を好演。公演地ごとに、江戸弁・大阪弁・博多弁を巧みに操る。明るくコミカルな芸風が特徴。
  
<演出関連作品>
「ひばり」:演出補。
「ミュージカル南十字星」:新作台本の執筆。新作歌詞・翻訳歌詞の作成。
「ウィキッド」:日本語版台本・翻訳歌詞を文芸部員として共同作成。
「サウンド・オブ・ミュージック」:日本語版台本の執筆、翻訳歌詞の作成。初演演出助手。
「リトルマーメイド」:日本語版台本の執筆。翻訳歌詞の作成。初演演出助手。
「ライオンキング」:公演委員長・演出委員会。各公演地での開幕責任者。
「美しい日本語の話し方教室」:プロジェクト立ち上げメンバー。台本共同執筆。
   
自らが出演する一方、クリエイティブスタッフ・演出委員として台本・歌詞・演出面を担当。メインキャストの育成、ベテランから子役までの演技指導。呼吸・発声・台詞の講師。劇団オーディション、子役オーディションの審査員等、幅広く活躍。
   
退団後は、ミュージカルの脚本・演出・振付等、創作活動を行いつつ、コンサート企画、ワークショップ開催、小・中・高等学校での講演・演劇部指導・校歌指導等、後進の育成にも力を注いでいる。
   
子役の合格実績だけでなく、毎年、劇団四季研究生、劇団員の合格者を輩出している。
     
太田浩人.jpg
太田 浩人
 
演出・演技指導・歌唱指導・オーディション対策
​日本大学芸術学部演劇学科在学中に、石坂浩二主宰 劇団「急旋回」 に入団する。
  
声楽家 前田 保幸(二期会会員)に師事。
  
1999年 劇団四季に入団。
2015年までの在団期間中、2,000ステージ以上に出演。
   
「ライオンキング」 出演と並行して、劇団四季作品の子役のオーディション育成及び指導を担当する。
「サウンド・オブ・ミュージック」の開幕に向けイギリス視察を行い 、海外スタッフと共に子役育成、指導の専任となる。
「サウンド・オブ・ミュージック」「ライオンキング」それぞれの日本全国の各劇場(東京・大阪・名古屋・福岡・札幌)での公演では、育成及び指導責任者として関わる。
   
2015年 16年間在籍した劇団四季を退団。
退団後は  ミュージカルやコンサートの演出、歌唱指導・演技指導、子役や幼稚園児向けのワークショップ 、また大人向けのボイストレーニングなども行っている。
  
2018年 ミュージカル「巴里の猫たち」では演出助手を務め、情熱あふれる演技指導・歌唱指導で出演者を牽引した。
​同年、「Snow White ~白雪姫~」では演出と演技指導・歌唱指導を担当。年末の「クリスマスコンサート2018」では演技指導・子役指導を担当。子役から大人の俳優までの育成。
   
2019年 ミュージカル「オズの魔法使い」では演出補・子役指導を担当。
   
同年、くまのがっこう「ジャッキー!」では演出補を担当。
   
​2020年 ミュージカル「巴里の猫たち」の再演では演出補・子役指導を担当。

育成のみならず創作でも幅広く活躍。
   
舞台で活躍する秀でた子役を数多く輩出、育成している。
同年、「エーデルワイスのうた2020 〜サウンド・オブ・ミュージックより〜」では演出と指導を担当。
   
2021年 くまのがっこう新作ミュージカル「おにいちゃんたちのゆめ」では演出補を担当。
   
同年、「エーデルワイスのうた2021 〜サウンド・オブ・ミュージックより〜」では演出と監修を担当。
   
【合格実績】
バケモノの子(次郎丸:少年)、アナと雪の女王(ヤングエルサ、ヤングアナ)、ライオンキング(ヤングシンバ,ヤングナラ)、サウンド・オブ・ミュージック(トラップファミリー)、レ・ミゼラブル(ガブローシュ)、エリザベート(少年ルドルフ)、モーツァルト!(アマデ)、オリバー(オリバー)、ミス・サイゴン(タム)、ビリーエリオット(ビリーエリオット,マイケル,デビー,バレエガールズ)、メリーポピンズ(ジェーン)、1789(シャルロット)、フランケンシュタイン(リトル・ビクター)、ニッキー(ニコル)、スクール・オブ・ロック、スコア、ソォース、ミュージカル座、松竹など合格者多数。

   
諸橋佳耶子.jpg
諸橋 佳耶子
    
演出・振付・演技指導・ダンス指導・歌唱指導・オーディション対策
フェリス女学院大学音楽学部音楽芸術学科卒業。
 
幼少期からピアノ・ジャズダンス・クラシックバレエの稽古を積み、
 
2011年4月〜2020年6月まで劇団四季に所属。
   
【主な出演作品】
「はだかの王様」アンサンブル・のちにホック役。
「赤毛のアン」ティリー役・パイ夫人・スペンサー役。
「コーラスライン」ビビ役。
「ジョン万次郎の夢」キン役。
「ライオンキング」出演等。
   
ライオンキング出演時に子役の育成・指導に携わり、のち、2018年からは本格的に子役育成・指導を担当。
   
2021年6月上演の、くまのがっこうミュージカル「おにいちゃんたちのゆめ」では演出助手・振付を担当。
   
同年「エーデルワイスのうた2021〜サウンド・オブ・ミュージックより〜」では指導全般を担当。
   
同年「くまのがっこう ミニコンサート2021」では演出を担当。
   
演技、歌、ダンスの全ての分野における指導・オーディション対策にとどまらず、作品創作においても才能を発揮している。